新しい公共の場づくりのためのモデル事業として

この事業は以下をねらいとして、埼玉県南西部地域振興センターが、NPO法人東上まちづくりフォーラム委託し、平成23年7月1日~平成24年3月30において実施しました。

事業のねらい

1 新しい公共の実現

ナンセーくんのロゴ 南西部地域(朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町)のNPOや企業等の多様な主体が積極的に公共サービスの提案及び提供主体となり、様々な課題について、共助の精神で自律的に活動できる仕組みをつくる。

2 住民参加による課題の検討

地域住民の参加を求めながら、南西部地域の課題を解決するための検討を行う。

3 活動の継続的な仕組みづくり

NPO活動への支援や協働事業を継続するための仕組みを研究・試行する。

南西部地域イメージロゴ「ナンセーくん」
ロゴをクリックすると別ウインドウで拡大

事業の内容

1 体験型フォーラムの実施

NPO団体や地域住民、企業、大学、商工団体、行政などの多様な活動主体が参加し、様々なテーマで体験教室や交流会、展示発表、シンポジウムを行う。

(1)地域課題共有のための交流会
 「地域を知ろう!ワールドカフェ」を開催、多様な主体や地域住民が参加し、地域課題についてワールドカフェスタイルで話しあう。
(2)地元を歩いて見て知り食べる体験教室
 地元を知り、地元への関心を高めるとともに、集客交流事業としてウオーキングや地元の歴史、伝統文化の勉強会、食文化の体験などを開催する。
(3)高齢者支援フォーラム
 地域支え合い事業や地域で実施されている高齢者支援活動を実施する諸団体の活動を住民に広く知らせるためのイベントを開催する。
(4)市民大学の相互交流
 各市町における市民大学の総合の充実を図るために、市民大学に関わる住民同士のフォーラムを開催する。
(5)安心・安全社会形成フォーラム
 地域住民が安全・安心に関わる問題を共有し、解決策を検討・実施するためのフォーラム開催や市民情報サポーターの普及等の研究を行う。
(6)地域住民によるグローバルコミュニケーション・サロン
 地域の日本人と多国籍の人々がコミュニケーションを図るため、英語によるシンポジウムなどを開催する。
(7)「地域の絆と住まい」交流展
 建築学会などとの協働により、町内会の役員等を対象に、町内会の課題を解決するためのシンポジウムや展示会、交流展などを開催する。

2 継続的な仕組みづくりの研究・試行

体験型フォーラムを通じて、多様な活動主体が提供するサービスや商品、製品などを組み合わせたサービス提供のシステムを開発し、地域の多様な主体に収益が入るような仕組みを研究する。

3 地域交流大会の開催

多様な活動主体と地域住民が一同に会し、活動発表や相互交流を行う。

4 情報発信事業

(1) 広報誌の発行
(2) ホームページの作成・運用

このページの先頭へ

実施主体

埼玉県南西部地域振興センター
〒351-0025 埼玉県朝霞市三原1-3-1 埼玉県朝霞地方庁舎2階
連絡先 Tel:048-451-1110(代表) Fax:048-451-1113
http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/b13/

NPO法人 東上まちづくりフォーラム
〒353-0006 埼玉県志木市館2-5-2 鹿島ビル4階志木サテライトオフィス内
連絡先 Tel:048-476-4600 Fax:048-476-4607
http://www.tojocity.org

このページの先頭へ